命の値段

  • 2013.10.18 Friday
  • 01:41


私の実家では、昔、ベランダで犬を飼っておりました。
親戚が飼っていた犬が産んだ子をもらって、
人間のご飯の残り物を食べて15年も生きてくれて、
私が中学3年生のときに亡くなりました。

黒のシェットランドコリーで、賢い子で、鼻が長い、ハンサムボーイでした。
亡くなったときに私はワンワン泣いて、
それ以来、実家では、ペットを飼うことはありませんでした。。。


大きなショッピングセンターに行くと、
ペットショップが入っていたりしますよね。

私の母は、スーパーで食料品を買うのが目的でモールに行くと、
必ず、わんこを見に寄ります。

しかし、私はどうも、ペットショップというものが、
なんか、悲しいところに見えてしまうんですね。。。

といいますのも、昔は自分の親戚や遠くの知り合いや、
友達の友達の友達からとか、
巡りめぐって「うちの犬が赤ちゃん6匹も産んだのよ〜どなたかいかが?」
なんていう話が回ってきて、誰かが手を上げて1匹引き取らせて頂くとか、
そういうのが普通でしたよね・・・

でも今は、ペットショップで10万円〜20万円以上のお金を払って
生後2〜4ヶ月の犬や猫を買うのが普通になりました。

そんな中で、生後2ヶ月の犬や猫が15万円で売り始められたとして、
同じ犬が生後3ヶ月までショーケースに並んでいると値段が下がり13万円、
同じ犬が生後4ヶ月になるとさらに値段が下がり10万円、
同じ犬が生後5ヶ月になるとさらに値段が下がり7万円と、
そんな風になっていくのを、ご存知でしょうか・・・

そして、生後5ヶ月を過ぎても売れなかった場合、
屠殺場(とさつじょう)にて処分されてしまうんだそうですね。。。

そんな現実を、母がペットショップの店員さんから聞いてきて、
私は本当にさみしくなりました。

確かに、ペットを売るのは、商売であって、ビジネスです。

しかし、命の値段とは、何なのか?と私は思ってしまう。。。

なつきやすいか?しつけをしやすいか?に違いはあるのかもしれませんが、
生後2ヶ月と、生後5ヶ月で、そんなに命の価値は変わるのか?

売れなかったら処分するって、服やバッグとは違いますし、
カブトムシというペットが死んでしまうのと、
人間と同じ哺乳類が死んでしまうのは、同じなのか?

そう考えてみると、食品の処分も目に余る日本ですが、
ペットショップで「命を買うこと」は、私はどうも、好きになれず、
知り合いや親戚から「命をつないでいく」ことのほうが、
なんか、あったかい気がします。。。


たとえば、インターネットで、
日本全国のわんこ・にゃんこが生まれたお家を紹介しますよ!
写真や動画を見て気に入ったら是非もらってください!
病気や障害があっても、きちんと掲示して、
わかった上でもらってくれる方・かわいがってくれる方を探す。
わんこが生まれたお家からは広告料として1000円頂き、
もらってくれた方からは紹介料として2000円頂き、
そういうお金でこのインターネットサイトを運営します。
引き取りはその県まで自分で迎えに行ってあげてね。
引き取られなかった子は、生まれたお家で最期のときまで過ごします。
生まれたお家も、引き取ったお家も、決して手放さず、
去勢避妊手術や予防接種も責任持ってしましょう。

というような貢献をされるような運営者がおられるなら、まだわかりますが・・・


売る為に交配させ、命を仕入れて販売し、売れなかったら処分する、
そういう循環は苦しい・・・


家族や友達や皆さんがペットショップでペットを購入しても、
まったく否定するつもりはないのですが、
自分には、これまでも、これからも、
ペットショップからペットを買うことは、できそうにありません。。。

かわいいんですけどね・・・

ファッション音痴

  • 2013.09.06 Friday
  • 23:56
 

ちょっと秋の気配がしてきましたね

最近は、毎日のように数本ずつ白髪を抜いてる金森です


ぶっちゃけ言いますと、金森は非常にファッション音痴です(笑)

簡単に言いますと、スーツスタイルしか、組み合わせることができません

そして、柄のない、無地の、白・黒・紺・ベージュ・グレーの服しかありません。

ブラウスかニットスカートかズボンジャケットかカーディガン

この組み合わせしか、できません

で、これをした結果、やっぱりスーツスタイルになってしまうのです

友達からは「母親参観日かっ!」と言われる始末で、(爆笑)
金森は毎日が「母親参観日」状態です


近年の女性ものの洋服に、チュニックと呼ばれる、
身丈が長く、身幅の非常に大きな服があるのですが、
金森はあれが大の苦手でして、大変に困っております

店員さんに「この身幅、こんなに大きくてどーするんですか?」と聞くと、
「そのままズボンの外に出して着るんですよぉ〜」と言うので、
「じゃー外に出してベルトをすればいいんですか?」と聞くと、
「いえ!せんせー違うんです!それダメです!」と言われ・・・

「えーーー?!じゃぁこの裾をヒラヒラさせとけっていうの?」と聞くと、
「そーですよぉ!!」とのお答え。。。

え・・・?風がスースー、気持ち悪い。。。

やっぱしブラウスの裾は、スカートやズボンの中に入れてスッキリ〜

これが一番じゃ

めんどくさいときは、ワンピースが一番じゃ(ズボラ)


それ以外にも、レギンスとかパギンスとかレギパンとか、
クロップドパンツ?カプリパンツ?ボーイズチノ?

一体、何がどー違うのか、全然わからないズボン。。。

もう、名称も形も得体の知れないお洋服ばかりで、
この数年、金森は大変戸惑っております。。。

どーか、オシャレ音痴な私に、
普通のズボンと、ブラウスを、売ってください(笑)

世の中の人々は、みんなお洒落に服を組み合わせるんだなぁ。。。
感心しきり

線路に飛び込む靴

  • 2013.07.09 Tuesday
  • 23:56

 6月に、私のハイヒールが、山手線の線路に飛び込みました

ホームから電車にまたいだ瞬間「おっ!冷たっ!」

びっくりして足を見ると、右足が靴を履いていません

あれ?・・・

幸いにも、車内が空いていたので、
とりあえず慌てて車内に靴が転がっていないかキョロキョロ。。。

「ない」・・・

慌てて振り返ってホームに右足が転がっていないかキョロキョロ。。。

「ない」・・・

「これはもしや!!!!!」

電車とホームの隙間から、靴が落ちた?!?!

とりあえず、車内にないので、降りるしかありません。

で、降りてその山手線を見送りました。。。

ありました、ありました、線路に靴が

隙間から落ちた靴なので、電車に踏まれるようなことにはならずセーフ。

とにかく片っぽ裸足でぴょんぴょんと階段を降り、
改札まで戻って駅員さんに「○番線に靴を落としてしまいました。。。」と申告。

そうしましたら即座に「あらら〜ホントだ!スリッパどうぞ」と・・・

「申し訳ございません、ありがとうございます」と答えながら

内心「そんなに靴落とす人いるの?」と思いました

そうしましたら、別の詰所から2m以上ある棒を持った別の駅員さんが2名登場し、
またホームへ上がってシャキーン!と取ってくださいました

なんとそのときは、先ほど靴を落としたときと打って変わってホームが込み合い、
みんなに「なんだ?なんだ?」とジロジロ見られ
えらい恥ずかしかったです

電車が止まるようなことはなくて良かったのですが、
深々とお辞儀して、お礼とお詫びを駅員さんに伝えました。

でも、私にとってはめちゃくちゃ面白かった出来事で、
すっごい楽しかったんですね。(不謹慎)

なんか、出来事としては「恥ずかしいの極み」なんですけど、

靴が脱げたことにすら気付かない自分や、
車内をキョロキョロして挙動不審になった自分や、
ホームや階段をぴょんぴょんしている自分に対し、
「なにやってんのお前?」と突っ込む自分がいて

めちゃくちゃウケてしまいました〜


それを事務所の秘書さんに話したら
「実はそれ、私もやったことがあります(笑)」とひとりが言いました。
「後ろからおっさんに突き飛ばされて、電車とホームの隙間から靴が落ちた」と。

すごい偶然〜〜と、大笑いでした。


ちなみに私は、中学生のとき、超満員電車にギリで乗り込み、
既に乗っていたおじ様方に邪険にされて突き飛ばされ、
電車とホームの隙間に自分が落ちました。

私は子どもの頃は非常に成長が悪くモヤシ同然の細さだったので
すっぽり入ってしまったんですね・・・

でも東京では、こんな異常事態が起きても、誰も助けてはくれません。

電車から降りてきて私を引っ張りあげてくれる人は誰一人おらず、
駅員さんすら駆け寄っては来ませんでした。

皆から、絶対に会社には遅刻しない、という気合と、
絶対に電車は遅らせない、という気合と共に、
冷たい空気をひしひしと感じました。
日本って、ある意味すごい

下半身がほぼ埋まってしまったので、
ホームに残っている上半身と腕を使い、1人で這い上がりました。
ありゃーとにかく怖かったなー。。。
この様子だと電車を発車させるつもりだろうな、と思ったので、
いつドアがしまって発車準備に入るか、とビビリまくりでした。
結果私は血だらけになって、学生かばんはホームのあっちの方まで飛んで行ってました。

みなさん、電車とホームの隙間は以外と危険でございます
あるいはホームで酔っ払いやケータイに夢中な若者に突き飛ばされて
怪我をしたりしないよう、十分にお気をつけくださいね!


ドライヤー

  • 2013.05.30 Thursday
  • 20:56
 

なんか。。。


ドライヤーって。。。


壊れませんよねぇ?


どうなったら買い換えればいいのだろう?と。。。(笑)

「そんなの自分の好きにしたらええやん」ですし、
基準もなにもありませんけども。。。

15年くらい前に買った無印良品の2千円のドライヤーが、
今も普通に動くので。。。使っているんですが。。。

なんか、かわいそうになってきまして。。。

イオンが発生するドライヤーが欲しいっ!とか(笑)
そーいうのがあれば買い換えるんでしょうか。。。


そーいえば、3千円で買ったDVDプレイヤーも。。。

ガラガラジージーと音がするんですけど、
なんとかスタートさえできれば、あとは普通に見られるので。。。

新しいものを買わずに8年くらい?経ってるような。。。


それで。。。WindowsXPも。。。

来年4月で更新されなくなることを先日知りまして。。。

実質使い続けるのは危険以外の何者でもなくなります。。。

あぁ・・・XP発売から、もう10年も経つのだなぁ。。。


電気屋さんは、衝撃です(笑)

私にとっては、勉強になるという領域を超え、絶叫マシンに近い。

店員さんに、「えーーーーーーーっっっ?!?!?!」を繰り返し連発してしまう。

時代に付いていく努力をしなければいけません。。。

そんなつぶやきまなみんでした。

映画:ビッグ

  • 2013.05.02 Thursday
  • 01:05
 
4月の東京では、春の嵐ばかりで
強風が吹き荒れる日がとても多かったですね

GW、いかがお過ごしですか?
私は普通にお仕事しながらも、
時間があればさらにカルテ整理に取り組んでいます。

さて、今日ご紹介したい映画は「ビッグ」

トム・ハンクス主演の、とても古い映画です。

13歳の主人公が、ある日突然30代のオトナになってしまうお話で、
非現実的な設定ではあるのですが、

ストーリーの中では、子供そのものの輝きと、純粋さ、
「友達」と「遊び」と「会話」の大切さが良く映し出されています。

また、仕事をするということ、異性に興味を持つということを含め
大人になる過程ってどこで踏んでいるものなのか、
全てを、トム・ハンクスが、さすがの演技力で表現しています。

基本的には、コメディ映画で、ユーモアたっぷりで
めちゃくちゃ面白い作品ですが、

私はこの映画の奥深さが、すごく好きなんです。

どこが奥深いかというと、

子供が、親に心配掛けまいと気を遣ったり、
子供が、親を恋しがる気持ち、
子供が、友達と盛り上がるときのテンションの高さ、
大人の、仕事が忙しくて他の時間をゆっくり持てない苛立ち、
大人の、仕事の面白さと同時に、責任を果たすということの心理的圧迫、
大人の、初めての異性経験の際の戸惑いと高鳴り、
大人の、仕事と恋と友達とで優先順位を付けなければならないジレンマ、
大人の、くだらないプライドから勝ちたいがためにズルをするところとか、
大人の、頭脳を使った恋が意外とねじ曲がっていること、
子供も大人も含め、「夢中になる」とはどういうことか、

そんなことが、ものすごく良く描かれている作品です。

コメディなのに秀逸な作品だと私は思っています。

ラブシーンは極力控えめなので、
小学生のお子さんがおられる方でも見せられます。
どうぞご家族みんなで大爆笑して、
ご一緒に楽しんで頂きたいと思います

微妙な気温

  • 2013.04.01 Monday
  • 22:16

3月はじめに一気に気温が上がった後、
東京ではうんと早めに桜が咲きました

でもそのあとはまた、肌寒いことが多々・・・

暑がりで真冬に強い私ですが、
この3月4月の微妙な気温と、中途半端な寒さが、
私、実は、大変苦手です

一体何を着たら良いのか!と
スプリングコートも、コートはコートなので、
着たり脱いだり持ち歩いたりするのは大きくて面倒だし、
かといって冬物スーツを着ているのも見た目に重たいような。。。

で、オシャレが苦手な金森は、手持ちの服でうまく温度コーディネートできず、
結局薄着で我慢してブルッてしまうわけですが
代理を立てられないお仕事をしているお陰で風邪ひとつひきません

お見えになるクライエント様達は、本当におしゃれが上手な方が多いです。
きっとファッション雑誌などできちんと今の流行をお勉強されているのだろうなぁと
感心致している次第でございます

春の風

  • 2013.03.07 Thursday
  • 16:48

 今週の月曜日、3月4日に、東京では突然、
外の空気が「春のにおい」なりました。

「お?!」と、瞬間にわかりました

「あぁ・・・春が来たのだなぁ」としみじみ。。。

梅が咲き、最高気温がぐんと上がり、陽の光が温かく人々を包んでくれますね

人を弛緩させ、安堵を与える春の風。

とても心地良いです。

そんな存在に、私もなれたらいいなぁ、と。。。

そんなことを思ったりしました

もう一度

  • 2013.02.27 Wednesday
  • 23:11

い、 今さら・・・ではありますが、
皆様、改めまして、本年も、どうぞ宜しくお願い致します


この冬は、なんだかいつもより寒い気がするのは
私だけでしょうか・・・?

昨年、お洋服屋さんの店員が「暖冬らしいです」と言っていたのに。。。

暑がりなわたくし。
コートなんて申し訳なさ程度で年に2〜3回しか着ないのですが、
この冬は3倍の頻度で着てしまうほど。。。

相変わらず、風邪やインフルエンザ、花粉症とは無縁な私ですが(笑)

みなさまどうぞ、お体ご自愛くださいね


さて、タイトルの「もう一度」

それは、片付けです。

本を読んで片づけをしたのは、もう1年半前・・・

早いですね・・・

でも、リバウンドは、一切しておりません。

それが、すごいな、と思います。

しかし。。。

なんか、いらいら。。。

もっとイケるんじゃないか・・・

そんな気がしたのです

まず、私の幸せの象徴だった、ソファを、捨てました。

50キロを超える大型の3人掛けソファーですが、
洗っても落ちないカバー類の汚れが気になっていたのと、
安物なんで(笑)何年も使っているとへたってきて結構腰が沈むのですが
腰が痛くて最近は座っておらず、TVも見ないので、
なんだか、突然お荷物に感じたから。。。

粗大ゴミを申し込み、3階から1階まで
ひとりで引きずり降ろしました!すごい達成感(笑)

でも、今のところ、新しいソファを買うつもりはありません。

空いた空間を楽しむ予定です(笑)


また、デスクの引き出しを占領していたあまり使わない文具・お手紙用便箋類。
ひとつの箱にイラつく原因となっている小物を全部入れてしまい→他へ移動。
空いた引き出しに高い頻度で使う文具・A4白紙・名刺などを入れ直しました。

小物などもイラつきの原因で、
長年見えるように並べてあったのですが、
(見えている・すぐに手が届くのが安心だったのですが)
それがすごくイヤになり。。。

結局コレも、引き出しの中を整理し、不要なものは捨て、
空いたスペースに→並べてあったものを入れてしまいました。
たちまち見た目スッキリ

次に書類とカルテ。

実は私、臨床10年になるんです。。。

もう少し経ったら、11年目になります。

ここで、さらに細かく書類整理・カルテ整理を実施しようと思い、
すでに取り掛かっております。

結果的に、また、大量の収納用品がカラッポ!に(笑)

私の今回のテーマは。

ザ・ホテル。

そう、ホテルのようなお部屋。

何も無い。シンプル。統一感。重厚感。です。

幸い、家具類は全てダークブラウンで統一してきたので、
邪魔くさいのは並んでいる「物」だけ。見た目。→達成

今回私が買ったものは、2990円の掛け布団カバーのみ。
一切柄の入っていない、真っ白!なものに変えました

何も無さ過ぎて、落ち着かないほどです(笑)

いえ、何も無いんじゃなくて、見えないだけなんですけど(笑)
なんか、あまりに殺風景?!で、生活感がなく、まだ慣れないです(笑)

でもなんで突然また自分の部屋にイラついたのか?・・・
でも、なんだか、リセットしたかったのかなぁ・・・?なんて思います

目に見えて物事が進むというのは、本当に気分がいいものです。

皆さんは最近の自分、いかがですか

ディズニーリゾートの凄さ

  • 2012.10.08 Monday
  • 15:58
 また気が付けば1年振り・・・に書きますね。

しつこいですが、私はディズニーランド・ディズニーシーが大好きです

開園当初から行っていましたが、こんなおばさんになっても、やっぱり大好きです。
なにがそんなに好きなのか?って、

,箸砲くゴミひとつ落ちておらず、きれいであること、手入れの行き届いた草花やオブジェ

⊇抄醗(キャスト)の粗相がない、元気で、働いている姿を見ているだけでも気分が良い

I瀉呂大きいので、ウォーキングになって良い運動になる

ど瀉脇發膿紊ふんだんに使われており、心が洗われる

ゾ茲衒の事故が無い (各アトラクションを順番に遠慮なく点検長期休止するところが好き)

Ε僖譟璽匹筌轡隋爾硫散舛噺の効果が高く、五感からどうしても突き上げられ、心が浮く

Р燭望茲蝓何を食べ、何を見て、何を買って帰るのかを同伴者と話していると、
 くだらない愚痴話や悩み事に関する話もしている暇がなく、本当に遊びに集中できる

変わらぬキャラクターもかわいいし、童心にかえってバカになれる

私はジェットコースターでわーわー叫ぶことでとにかくスッキリする(笑)

あーまた来たなー、あー今回も遊んだなー、という恍惚がすごい


あれこれ書いてしまいましたが、
なんというか、あそこは、もう、本当にすごいところです。

また、ディズニーには、意図的に、鏡がほとんど設置されていないのをご存知ですか?

鏡で自分を見て、現実世界に引き戻されてしまうことを避けるためなのですが、
女性用化粧室でさえもトイレの数に全然比例してない、ほんのちょっとの鏡しかないのです。

そういう隠れた配慮もたまらないし、感激します。

今年の5月に友達とディズニーシーに行ったら、友達、水上ショーを見て泣いてました。
こんな感動を与える遊び場って、他にあるのかしらん?と。。。

年に2度行くディズニー。もうそろそろ次のディズニーを計画しなくちゃ。
半年経つ前から、禁断症状が出てきてウズウズするんですね

今年は、出張のついでにあちこち観光もしました!

こうして涼しくなってくると、寝苦しさもなく、秋冬の美味しい食べ物も出てきますね。

夏には鱧、冬には河豚。たまりません。

みなさんは、お仕事ばかりしていませんか?

オトナの本気遊び!ちゃんとしてますか?

大人になっても知らなかった!

  • 2011.10.11 Tuesday
  • 01:36

サイドに紹介しております本

人生がときめく片づけの魔法

この本には、本当に感心させられました。

というか、大爆笑しました。

だって、図星なことばかり書いてあるんだもの

私がこの本を買ったのは、
「そーいえば、片付け方って、教わったことがないなぁ」と思ったからなんです。

学校の授業でも教わったことがないし、
子供の頃から母に
「あんたはこうで、ああだから、部屋が片付かないんだ」
とか良く言われましたが、
私の両親は、特に父は全く物が捨てられず、
説教してくる母自身も片付け方を知っているとは思えない。

それで、習いたくて、この本を買ったのです。

目からウロコが落ちるとは、このことでした。

私はこういう専門職を職業としているため、
専門書を含め、本や書類の山に埋もれて生きるのは
仕方がないことだと思っておりました。

これまで、どんなに自宅を片付けても、
本棚だけはうまく片付けられない、という癖があった私ですが、
この本を読んで、劇的に片付けに成功し、
本棚は、高さ2メートルもあるものが2つも空になりました

衣類も劇的に減り、
書類も劇的に減り、
小物も劇的に減りました。

出したゴミは、本や書類をゴミ袋に換算しても、
70袋は捨てたと思います。

本当に驚きました。

部屋は劇的に変わりました。

身体も気分も、すごくスッキリします。

本の通りにやっただけなのですが、
全て本当でした。

今、この本を多くのクライエント様にご紹介し、
クライエントさんのご自宅も変貌を遂げています

この本は、片付けの本なのですが、
自分の内面と向き合う、とても大切な内容になっています。

掃除ではなく、片付けがなかなかうまくいかない方、
片付けたい、という欲求を持っておられる方には、
是非お勧めしたいと思います。

まれに、「散らかった部屋の方が物事がはかどる」
という方もおられるかと思いますが、
そういう方以外でしたら、男性でも、この本は役に立つと思います。

いかに、日本の狭い住宅事情にあっても、
収納用品なぞ大して必要ない、ということが
実践で体験できると思います。

私としては、この本は、読んだ時点で既にご紹介したかったのですが、
なんとしても実践してからご紹介したかったのです。

年齢や男女関係なく、お子さんがおられる方にも役に立つと思いますし、
お子さんが巣立った親御さんにも役立つと思いますし、
事務所の客間はきれいだが、自分のスペースが汚い!という
社長さんや自営業の方にも大いに役立つと思います。

この本と実践で、あなたの心や体がすっきりすることを願っています・・・


ブログは、10月中は、ハロウィンのデザインです

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM