魔女との人間関係?

  • 2014.03.24 Monday
  • 18:10

今日、クライエント様より、”ステキなひとこと”を頂きました聞き耳を立てる

帰りがけ、いつも通りクライエント様をエレベーターホールまでお見送りしましたら、

「先生は、家で、大きな鍋で、何かダークなものをグツグツと煮ており、
1mくらいあるしゃもじを、中腰かつ全身でぐるぐるとかき回して、
なにか怪しいものを、作っているイメージがある」(笑)ちゅん

(中腰でぐるぐる回すジェスチャー付き)

金:「わっはっは!それって、魔女魔女っ?!」(笑)魔女魔女

「そうですね」(笑)

金:「かなり、あやしい・・・」(一緒にぐるぐる・・・)

金:「・・・って煮とらんわっ!」(笑)


本日の金森は?、いや実はこれまでも?
えらくダークな人間?!に映ったようです(笑)

このクライエント様は大変長く通って下さっている方であり、
こんなふうに、いつも何がしか「金森を自由にいじる」ことをしてくださいます。
私は、なんだか、大変に、ありがたい気持ちになります。

信頼して頂いていないと、こんなことは、言ってもらえないと思うからです。


私の写真を見て、良い意味でも悪い意味でも?!
「いつもの先生と全然ちがう!」とおっしゃってくださる方もおられますし、

「先生には、逆らえない(笑)」と言ったあと
→「でも自分は頑固なんで(いうことをきいてないし逆らってるか)(笑)」と、
矛盾したことを、へらへら言ってくださる方もおられます。

こういうことを、カウンセラーに対し、臆することなく自由に語って頂けることを、
私は本当に、幸せに思っています。

まだカウンセリングに来はじめて日の浅い方々に、
少しでも早く、金森を気楽にいじってみたり、
何でも遠慮なく思ったことを言ってみてしまえ!と思って頂けるように、
人間関係を深く築いていき、自尊感情を取り戻して頂けるように、
じわじわと、努力を重ねたいと思います。

同様のネタを、今年に入ってもう3〜4回くらい書いた気がします。

自分にとって、このことが、本当に嬉しいんだなぁときめきと、
でもちょっと、しつこいよなぁ冷や汗と、
我ながら、今さら、再認識致しております見る

私がこのことをしつこく書くのは、
クライエント様のこういった発言が、
カウンセリングの過程において、実は非常に重要な過程であることを、
心理士として、知っているからなのだと思います。

「心理士に、思ったことを言ってみる」ことが、
クライエント様にとって、簡単なようでいかに難しく、
不要なようで、実はクライエント様にとっていかに重要なプロセスであるか、
私は、知っているのです。

カウンセリングは、人間関係です。

そう。「金森と、あなたの、人間関係」なのです。

これを練習台・叩き台にして、クライエント様は、再び、世に飛び立っていくのです。


P.S
春の香りがして参りました。
お子さんが春休みの方も多いと思います。
お母さんにとっては、嬉しいような、ゲッソリなような涙
そんなお忙しい日々かと存じます。
家事ご無理なさらないようご自愛くださいねにた
花粉症の方も、あわせてご自愛くださいませおかお(幸せ)



さらにP.S
クライエント様によりますと、金森が煮込んでいそうなのは、
ダークな物質というより、「謎の液体」なんだそうです(笑)
その液体は、もしかしたら恋に効くお薬なのかもしれないし、
透明になれるお薬かもしれないし、わからないんだけれども、
「きっと、ステキな恋や、透明になっても孤独に打ち勝てる強さを育める
金森の力強さを感じたんだと思う」とおっしゃっていました。
へぇ〜〜!なんだかキムにはもったいないお言葉だなぁ(^−^;;


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM