嬉しい瞬間

  • 2014.03.15 Saturday
  • 02:43

1人のクライエント様が、連続して通ってくださり、
症状が大変に良くなってきますと、
金森に時折、嬉しい瞬間がやってきます。

それは、「クライエント様が、自らジョークを飛ばしてくれるとき」です。

少し遅刻してきたクライエント様に、
「先生すいません遅れちゃって・・・」
「ううん、そのうち来るってわかってるからいいけど、何かあった?」
「えぇ・・・実は金縛りにあいまして・・・ちゅん
「マジでっ?!!?ガーンネコ
「ウソです笑

料金を頂くときに、
「じゃー先生、いつものように1000万円で。。。(1万円札のこと)お金
「はいっ!恐れ入ります!
そうしましたら、おつりの300万円です。。。礼(3000円のこと)」

世の中には怪しいカウンセラーがいっぱいいる、という話から、
「私、先生のことをすごく信用しているので、
今、金森先生が、ツボを持ってきたら、私、フツーに、買いますね(笑)顔
「あーそーですかー・・・あいにくウチにはキャンディーくらいしかご用意がなく、
申し訳ない次第です笑

こんなふうに、こんなジョークを飛ばして頂けたとき、
金森は、クライエント様が、非常に良くなってきたことを感じ、
すごく、すごく、嬉しくなるのです。

自らジョークを飛ばせるようになった、ということは、
そのクライエント様に、若干の「余裕」が出てきたことを指し示すからであり、
あぁ、このクライエント様を、もっともっと楽にしてさしあげられるよう、
もっともっと努力し、もっともっと話を聴こう、と決意を新たにします。

こんな小さな喜びが、カウンセラーとしては、ものすごいご褒美だったりするのですアンパンマン

頑張って通って下さっている皆様、いつもありがとうございます。
本当にありがとうございます。
金森は、少しでも皆様のためになるよう、1回でも回数を少なくできるよう、
今日も、うんと、うんと頑張りますおかお(幸せ)


 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM