半沢直樹

  • 2014.02.05 Wednesday
  • 21:53

 

TVを見ない金森も

「倍返しだ!」は聞き慣れていたので、

遅ればせながら、めちゃんこ努力して、半沢直樹、見させて頂きました!

銀行員の、お話だったのですねぇ。。。

正に「オトコのドラマ!」という感じで良かったです

正直、社会の仕組み・企業の仕組み・銀行の仕組みなど、非常に勉強になりました。

そしてひとことで言うと「ケ、ケンカ、強ぇえ!!!」

というのが感想です

ものをハッキリ言うところ、

自分のポリシーを持ち続けるところ、

悪いことをした人間はきちんと糾弾するところ、

目上に媚びないところ、

でも自分の仕事はキッチリやるところ、

企業のお金(財務状況)や商材だけでなく人を見るところ、

部下がついてくる人物であったこと、

そうなるだけの部下への気遣い・弁護・教育もできていた、

信頼できる素晴らしい友達がたくさんいたこと、

スポーツを通して魂を磨くところ、

そういうところが、多くの人の憧れを映し出していたのだろうと思います。

そして、裏で悪意ある行動を取る人間には、

容赦なく脅しをかけて追い詰める!!

これがまた、多くの方が「スカッとした!」という心理になったのでしょうね。

半沢直樹は、ある人間に対し恨み・憎悪・悔しさを抱いており、

その人間に対し、何かをわからせたかった、という面も含まれていました。

というよりも、ある人間に対して、というよりは、

もっと大きく捉えれば、銀行と、銀行員という職業に就く人間に対し、

ということでしょうか。

また、半沢直樹の同期が精神的な病に掛かってしまうという設定もあるのですが、

この彼が「自分の殻をぶち破る!」という素晴らしい展開がありました。

職業病なのか、私はこれが一番嬉しかったです

ドラマの基本ラインに、常に「パワハラ」「疎外」「暗黙の了解」「人事」

というものが絡み付いています。

男性でも女性でも、そういうことに絡む圧迫感のようなものを感じ取れるはずで、

さらには、電球何か役に立つアドバイスが、ドラマの中から見つかるかもしれません見る

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM