金森の苦手なこと あれこれ

  • 2013.12.22 Sunday
  • 08:33


金森は、東京生まれ東京育ちですのに、
性格的に人ゴミが苦手でして、
渋谷・新宿・六本木などの繁華街は大の苦手、
人酔いを起こす上、
まっすぐ歩けない、ということにイライラしてきます

→だから、用がなければ、自分からは決して行きません


また、性格的に「効率」を求める私は、
用事は全て仕事のある日に、合間の時間を縫ってこなし、
まれに取る休みに「改めて出掛ける」ということが大変キライです。

→だから、仕事がなければ、自分からは決して外出しません


金森は、基本時代遅れです。
ミクシィ・ツイッター・フェイスブック・ライン、
全て、意味も機能も良くわかっておりません(笑)
TVを見る暇もない金森は、携帯いじって遊ぶ暇も、ネットで遊ぶ暇もなく、
そんな暇があるなら勉強致したく、
友達から上記のことを「やってる?」と聞かれ、
やっていない上、やるつもりもない金森は、

→「やらないの?」と言われても、お断りさせて頂いております(笑)


金森は、外観は女ですが、中身はほとんど男であり、
くわしく言うと、オヤジです(笑)
感覚的にも、ほとんどオトコなため、プライベートでの考え方は殿方寄りで、
女らしいことをできない、という大きな欠点がございます

多くの女性が、男性から構われ優しくされたいのに対し、
金森には、そのような願望がなく、
多くの女性が、誕生日やクリスマスに男性から何かを買って欲しいと思うのに対し、
金森には、そのような願望がなく、
多くの女性が、お友達や彼氏・夫とたくさん会いたく、電話やメールするのに対し、
金森には、そのような願望がなく、

→とにかく、女らしいことが、全然できないワタクシなのでございます(笑)

これからクリスマス。

クリスマスに、フレンチやイタリアンを食べに行くのは、
金森にとっては、拷問となります(笑)

まじで鳥肌。

東京では、この時期、洋食系の店では1回の食事時間が区切られ、
クリスマスメニューなるものが登場し、
テーブルの足元には女性がおねだりしたブランド品の紙袋がズラーーッと並び、
男性がそれを渡し、女性がヘラヘラと受け取る、という光景が広がるのであります

自分がそれをできないのは金森の勝手だが、
金森の場合、その光景を見ていることすら苦痛となり
出入り禁止区域となるのです(笑)

(2008年12月25日のブログにも似た記事を載せています)


金森は、パソコンは扱えるが、中身がどーなっているのか、
以前は全然知りませんでした。

→壊れたパソコンを、自分で分解して、勉強しました。

なるほどなー、ということで、
わからないことは、やはり自分で調べ、
できないことは、勉強して、やってみる、ということにしております。

片付けとて、そのひとつでありました。


シリーズで3弾お届けしましたが。。。

こうして、人には苦手なことがたくさんございます。


でも、苦手なことがある自分も、
何かをやっても100%はできない自分も、
きちんと認めてやって欲しいものです。


そして、自分が苦手なことであっても、
あなたの大切なお友達や家族やパートナーが
「どーーしても、それをやってほしい」というのであれば、
やる努力をしてあげることが望ましいかと思います。


そのときは、金森だって、頑張ってクリスマスに鳥肌立てながらフレンチ食べたり、
携帯いじる努力したり、休日にわざわざ渋谷に出向いたり、する、ということです



みなさんメリークリスマス




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM