線路に飛び込む靴

  • 2013.07.09 Tuesday
  • 23:56

 6月に、私のハイヒールが、山手線の線路に飛び込みました

ホームから電車にまたいだ瞬間「おっ!冷たっ!」

びっくりして足を見ると、右足が靴を履いていません

あれ?・・・

幸いにも、車内が空いていたので、
とりあえず慌てて車内に靴が転がっていないかキョロキョロ。。。

「ない」・・・

慌てて振り返ってホームに右足が転がっていないかキョロキョロ。。。

「ない」・・・

「これはもしや!!!!!」

電車とホームの隙間から、靴が落ちた?!?!

とりあえず、車内にないので、降りるしかありません。

で、降りてその山手線を見送りました。。。

ありました、ありました、線路に靴が

隙間から落ちた靴なので、電車に踏まれるようなことにはならずセーフ。

とにかく片っぽ裸足でぴょんぴょんと階段を降り、
改札まで戻って駅員さんに「○番線に靴を落としてしまいました。。。」と申告。

そうしましたら即座に「あらら〜ホントだ!スリッパどうぞ」と・・・

「申し訳ございません、ありがとうございます」と答えながら

内心「そんなに靴落とす人いるの?」と思いました

そうしましたら、別の詰所から2m以上ある棒を持った別の駅員さんが2名登場し、
またホームへ上がってシャキーン!と取ってくださいました

なんとそのときは、先ほど靴を落としたときと打って変わってホームが込み合い、
みんなに「なんだ?なんだ?」とジロジロ見られ
えらい恥ずかしかったです

電車が止まるようなことはなくて良かったのですが、
深々とお辞儀して、お礼とお詫びを駅員さんに伝えました。

でも、私にとってはめちゃくちゃ面白かった出来事で、
すっごい楽しかったんですね。(不謹慎)

なんか、出来事としては「恥ずかしいの極み」なんですけど、

靴が脱げたことにすら気付かない自分や、
車内をキョロキョロして挙動不審になった自分や、
ホームや階段をぴょんぴょんしている自分に対し、
「なにやってんのお前?」と突っ込む自分がいて

めちゃくちゃウケてしまいました〜


それを事務所の秘書さんに話したら
「実はそれ、私もやったことがあります(笑)」とひとりが言いました。
「後ろからおっさんに突き飛ばされて、電車とホームの隙間から靴が落ちた」と。

すごい偶然〜〜と、大笑いでした。


ちなみに私は、中学生のとき、超満員電車にギリで乗り込み、
既に乗っていたおじ様方に邪険にされて突き飛ばされ、
電車とホームの隙間に自分が落ちました。

私は子どもの頃は非常に成長が悪くモヤシ同然の細さだったので
すっぽり入ってしまったんですね・・・

でも東京では、こんな異常事態が起きても、誰も助けてはくれません。

電車から降りてきて私を引っ張りあげてくれる人は誰一人おらず、
駅員さんすら駆け寄っては来ませんでした。

皆から、絶対に会社には遅刻しない、という気合と、
絶対に電車は遅らせない、という気合と共に、
冷たい空気をひしひしと感じました。
日本って、ある意味すごい

下半身がほぼ埋まってしまったので、
ホームに残っている上半身と腕を使い、1人で這い上がりました。
ありゃーとにかく怖かったなー。。。
この様子だと電車を発車させるつもりだろうな、と思ったので、
いつドアがしまって発車準備に入るか、とビビリまくりでした。
結果私は血だらけになって、学生かばんはホームのあっちの方まで飛んで行ってました。

みなさん、電車とホームの隙間は以外と危険でございます
あるいはホームで酔っ払いやケータイに夢中な若者に突き飛ばされて
怪我をしたりしないよう、十分にお気をつけくださいね!


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM