賢い医師への掛かり方

  • 2013.08.29 Thursday
  • 12:27
 
精神科医にも、心療内科医にも、
アンチカウンセリング派のお医者様は、
たくさんいらっしゃいます。

よって、医師に初診時から
「カウンセリングに行ってます」と伝えることは、
あまりお勧めできません。

まずは医師に「先生は、カウンセリングをどう思われますか?」
「自分は受けに行った方がいいでしょうか?」と、診察の最後に、
さぞ、まだ行っていないかのように聞いてみるのが得策です

間違っても、
「カウンセラーに、精神科に行くように言われたから来ました」とか、
初診の最初に言わない!ということが重要です。


また、これは内科であろうと耳鼻科であろうと眼科であろうと、
どの診療科でも言えることですが、

「先生、胃が痛いんですけど・・・」

とか

「先生、ぼく、中耳炎だと思うんですけど」

とか、

言わないでください!

ということです。

医師には医師のプライドのようなものがあり、
患者様から先に臓器を指定されたり診断名を勝手に付けられることを拒みます。

よって、痛いところ・具合の悪いところを、
手のひらを丸く円で描きながら「このあたりが」と言い、
指を使って体を指し示し「ここが」と言い、
「鋭く痛い」とか「鈍痛がする」とか「気持ち悪い」という伝え方をし、
あとはドクターから聞かれたことを答えてくださいね。

いつ頃からですか?
一日のうちで、いつが一番つらいですか?
食欲はありますか?
味はしますか?
吐き気はありますか?
楽しいことならできますか?
空腹時はどうですか?
起きてるときと横になっているときは違いはありますか?
押されるとどうですか?
めまいがしますか?それとも目が回りますか?

などなど、質問されたことに答えればいいのです。

また、精神科医も、皮膚科医も、どの診療科の医師も、
親身に患者様の話し相手になってくれるわけではありません。


「臓器」というものをお薬を使って治す!

それが、医師の仕事です。


よって、話を聞いてくれないとか、3分診療だとか、
待ち時間が長すぎる!とか、
カウンセリングに反対する先生だ!とか、
愚痴や会社の悩みを聞いてくれないことを、
不満に思わない方が賢明です

私は、医師が、いかに、薬の話しかせず、
他愛もない話をスルーしたり、無視するか?
ドクハラ的な発言をするか?
いかに早く診察を終えようとするか?ということを、
楽しんで観察しております

内心、笑いが止まらないです

でも、薬の処方が的確で、スピーディーに回復を感じれば、
私は大満足です

是非みなさんも、賢く病院に掛かってくださいね

情報の氾濫

  • 2007.09.10 Monday
  • 17:28

最近では、「うつ病」という言葉を、誰もが知っています。
そして、「うつは心の風邪だ」とか「治るものである」という知識も持っています。
また、「励ましてはいけない」とか「休息が一番だ」とか「家族の理解が必要だ」とか
そういうことまで知識として知っている方が増えました。
それもこれも、近年メディア・新聞・出版物等で、「心の病」や「人間の精神」について
クローズアップされ続けてきた結果です。

けれども逆に、近年は情報が氾濫し、「正しい知識」「間違っている知識」も含めて、
うつ病の患者さんが、「そこまで知らない方が良いのになぁ・・・という知識」まで
持っているケースが増えてきました。

ケース
「ああするべきだ」「こうするべきだ」と、知識として得たことを行動に移し→
→無理をして頑張った割には効果が得られず→それによって疲れて→
→回復が遅くなるケースが増えてきています。


「回復期に入る前に、リハビリをしないこと」
「回復期に入ったら、その日々を正しい方向で過ごすこと」
が必要になります。
これに際して援助が必要な際は、カウンセラーが役に立てます。



ケース
自ら勉強してきて知識を増やした結果、
「こういう薬を処方するなんて!あの医師は、一体僕の何を見ているんだ?!」と
医師に対する不信感を持つようになったり、
「僕にこういう薬を出したということは、うつ病とは違う診断名もついているのだな」と
勝手に落胆してしまったり、
「私にはこういう症状が残っている。だからこういう薬は処方してもらえないのかしら?」
といった不満を持つようになったり、
「○○にこう書いてあったからそうしてきたのに、全然良くならない!」と
不安感を持つようになっていたり、
「うつ病にはこういうワークや、こういうサプリメントが効くと書いてあったから、
買って飲んだり、やったりしたのに、変化が無いじゃないか!」という怒りを抱く等、
多くの情報を得た結果、情報に振り回され、勝手な当てはめや分析をしたり、
やったことに対する結果を得られず、落胆し、
それが自分の症状をさらに悪くしてしまう・・・
という悪循環を生んでしまうことがあります。。。

このようなケースでも、カウンセラーがお役に立てます。


ケース
また、「完治しない確率」とか、「こういう薬を処方されたらおしまいだ」とか、
そういう情報を見聞きしては、自分で自分を傷付け、
未来を悲観してしまっている方もおられます。

このような思い込みをしてしまっている場合でも、
カウンセラーがお役に立てることがあります。



基本的に、「うつ病」になってしまった方は、症状が重いとき、
本当に、TVも見たくない・本も読みたくない・メールも打つ気にならないし、
インターネットなんて絶対に見ないし、パートナーと話す気にもならず、
掃除機の音・車の音などの生活音すら耳障りで、
太陽の光さえ疎ましいと感じながら毎日を過ごします。

だから、回復期に入ると、徐々にTVを見たり、本を読んだり、
できなかった時期の分まで取り戻すかのように、自宅で誰かと話をしたり、
書き物をしたり、パソコンをいじり、たまにメールを書いたりします。

でも、本を読み、横になって昼間に眠っては、
夜な夜なネットサーフィンをすることが増えてきて、
そうして、いずれ、自分の病気について調べ始め、
色々なことに不満が募ってきたら・・・

→この「うつ」は、疑問視するべきところです。
→カウンセリングを受けることも有効になります。


うつの当人がうつ病を調べると、
案外ショックな情報や、一見自分に当てはまる情報が目に入ってきます。

そうして、結果、「不安」をあおり、「焦り」「考え込む」ようになり、
「医師にかかること以外に、他にやれることはないか?と無理をする」ようになり、
「情報で自己暗示を掛けてしまう」ようになり、
色々な側面から回復が止まってしまうことが多いのです。


こうなると、もはや、「うつの治療のための静養」には、なっていないことが多い・・・しょんぼり

本を読みすぎる。外出を無理にする。ネットサーフィンしすぎる。
生活サイクルが乱れる。できないことばかりが目に付く。
治療に足りないことばかりが目に付く。医療・医師・薬の処方内容に不信を抱く。など、
情報の氾濫が、うつの方にとって良くない影響が出てしまうことが増えたようです・・・

大切なのは。
「多くの情報を見て、自分に当てはまるからと言って、その情報を鵜呑みにしないこと」
「できれば、うつ病関連の本は、読みすぎないこと」
「うつ病に関する専門家でない人が書いたネットのページは読まないこと」
「うつ病に関する素人の書き込み・掲示板などは見ないこと」
「お薬についてや、治療過程についての説明は医師からきちんと受け、
説明してくれない医師にはこちらから積極的に質問し、尋ねること」です。


また、会社を休職中の方は、社会復帰する際に、
正しいリハビリ方法を実践することが、とても重要です。
しかし、まだ、リハビリをするには早すぎる人が、
焦ってリハビリ的な行動を取ることで、せっかく良くなった症状がぶり返し、
再び寝込んだままになることがあります。
そういう残念な治療過程を歩まなくて済むよう、
静養中は、「規則正しい生活」を心掛けながらも、
何かできたことがあったり進歩があったりしたら素直に喜んで、
でもやりすぎず、心穏やかに静養期間を過ごし、
信頼できる医師やカウンセラーと相談しながら、
焦らずに回復を目指していくことが大切です。


そして、自己判断で勝手な行動は取らずに、
医師に確認する・質問する・相談することを大切にしてほしいと思います。

皮膚の弱い方・敏感肌の方へ

  • 2005.08.20 Saturday
  • 05:06

皆さんの中で、
「私は肌が弱いの・・・」「アトピーです」という方は案外多いと思います。

そして、カウンセリングをしていて出てくる話題でも
「容姿」に関わる悩みとして敏感肌や湿疹についてのご相談はとても多くなっています。

しかし、多くの方が「正しいケア」について知らないことが多く、
さらに正しいケアを知って「実行する」「続ける」ということがされていなかったり、
皮膚科への通院を怠ってしまうことが多いようです・・・

そこでここでは、敏感肌の方のために、少し正しい知識をお教えしたいと思います。

え?なぜそんなことを知っているかって?!
それはねぇ・・・私は3歳からアトピーと共存しているからです(笑)
子供の頃は、汗をかかないようにするために夏場は外出禁止だったくらいなのですショック・・・
しかしそのうちに親がしていたケアを自分でするように教わりました。
私は3歳から「ステロイド」(塗り薬)は手放したことはございませんが、
お蔭様で洋服を着ている限りは「アトピーだなんて!そんな風に全然見えないです!」
と言って頂けるようになりました。

そしてさらに最近では「正しいケア」についても色々と勉強したのです。
それを、余すところなくここにしたためたいと思いますプレゼント

ではここから、「お化粧を落としてある」ことを前提として、
髪の洗い方や石鹸、入浴後のケアについてお話します。


‘浴時は、上から順番に洗う

お風呂に入るとき、髪から洗っていますか?
実は、市販のシャンプーやコンディショナーには、劇薬とされる成分も多種含まれています。だから、髪を先に洗って、いったん簡単にタオルドライをして、
髪の長い方はアップにしておき、
コンディショナーを含んだお水が背中にしたたってこないようにしてから
体を洗い始めることをお勧めします。

シャンプーはごく少量にして、良く泡立てて頭皮をマッサージするように洗います。
そして、多少気が狂ったように(笑)泡を良く洗い流してください。
この時、「しつこいよ!」というくらいに洗い流しておかないといけません。
なにせ、劇薬ですから、市販のシャンプーは。。。

コンディショナーは、「髪の毛だけ」につけます。
シャンプーとは逆で、頭皮に付かないように上手に塗って下さい。
もちろん、洗い流すときも頭皮に流れてこないように、
できるだけ気を付けながら洗い流しましょう。


体を洗う理由について

髪を洗い終わったら、きちんと石鹸を使って体を洗う番です。
お医者さんに止められていない限りは、
皮膚が弱くても、アトピーでも、湿疹があっても、
実はきちんとボディソープを使って体を洗うことが大切です。

なぜなら、汗や皮脂やホコリが付着している状態では、
入浴後のケアが役に立たないからです。
保湿剤を塗るにも、化粧水をつけるにも、お薬を塗るにも、
「きれいな体に塗るから、肌に浸透していく!!」のです。
だから、お湯だけで洗うのではなくて、手で泡立てて、なでて洗い、
良く泡を流して、ケアをする準備をしなくてはならないのです。

誰も、お化粧している上から化粧水や乳液なんてつけませんよね?!
それと、同じ原理です(^−^)


1嫗里離椒妊ーソープについて

市販のボディーソープは、液体であることがほとんどになりました。
しかし、普通の固形石鹸を液体の商品に変えるためには、
工場でいくつもの工程を経て液体になります。
だから、液体ボディーソープを作るために掛かっている負荷は、
相当なものだと言われています。

だから、皮膚の弱い敏感肌の方は、
どうぞお中元で出てくるような「固形の石鹸」を使ってください。
「ぎゅ〜にゅ〜せっけん、よいせっけん♪」は、本当だったのです(笑)
ボディーソープを使い慣れている方にとっては、
固形の石鹸はとても「突っ張りそう」な感じがして、ちょっと怖いかもしれません。
しかし、逆にそのツッパリ感が、入浴後のケアをしたくなるコツ・・・
とも言い換えることができるかもしれません(笑)

実は私も、中学高校生の頃は液体ボディーソープが大好きだったのを
とても良く記憶しています(^−^;;
いや・・・あの・・・好きな香りがして・・・(^−^;;
だから、固形の石鹸を使うように言われたときは、とてもショックだったものです。。。
はいぃ。。。(笑)


だ屬舛磴麝僂寮亳瓦砲弔い

敏感肌の方がとてもよく騙されやすいのが、「赤ちゃん用の石鹸」です。

えー!皮膚の柔らかい赤ちゃんに使える石鹸なんだったら、私にピッタリ〜!
なんて思えてきて、使ってみたことのある方も多いのではないでしょうか?

実はココが、大きな落とし穴。。。
もう、大人になったら、赤ちゃん用の石鹸には手を出してはいけません。

なぜかといいますと、
赤ちゃんや幼稚園くらいまでの子供は、
体外に分泌される皮脂の量・汗の量が大人と比べて格段に多いのです。
その分泌量でもきれいに洗い落とせる程のパワーを、
赤ちゃん用石鹸は持っているのです!びっくり

ということは。。。
大人になるにつれて汗や皮脂の分泌量が少なくなりがちで、
さらに敏感肌の方は皮脂の分泌が少なくなりがちで、
肌が乾燥しがちな方が赤ちゃん用石鹸を使ったら?!?!
そうです!!「落としすぎ!!」になってしまうのです。。。
乾燥しまくり!になってしまって、逆効果。ということになります。
「赤ちゃん用」の「液体ボディーソープ」となったら、もう最悪!
ということになりますね(笑)

なんて偉そうなことを言っている私ですが、
実は私もそんな液体赤ちゃん用石鹸を使っていたことがありました冷や汗
みなさんも、どうぞ私の失敗・ドクターからの叱責の二の舞になりませぬよう。。。


植物植物性と謳っている商品について

みなさんも、いまや色々なところで
「これは植物性だから、とってもいいのよ〜〜(^−^)」なんていううたい文句を
聞いたことがあると思います。
しかし、植物性と言われて、どんな植物の成分が入っているのか?を全て確認している人は、
ほとんどおられないと思います。
シソなんでしょうか?バラなんでしょうか?チューリップなんでしょうか?(笑)
それから、何種類の植物なんでしょうか?!?!ということ。

しかし、良く考えてみますと、「花粉症」なるものが大流行。
春先の「杉花粉」だけでなく、秋の「ブタクサ」にも反応する方もおられますし、
くしゃみ鼻水だけでなく呼吸障害に陥る程に重症な方もおられます。
それを考えますと。。。
植物・植物性だということで体に良い。という根拠は、一体どこにあるんでしょうか?!
ということなんです。。。

みなさんは、このことを疑ったことはありますか?

敏感肌の人は良く、「石油系・鉱物油系のものは宜しくない」ということを
耳にしたことがあるかもしれませんが、
実は人によっては植物性の方が反応してしまう、という方もおられるのです。
なので、自分には「植物アレルギーはないか?」ということをきちんと検査しておいたり、
石鹸でも化粧品でも、本格的に商品を購入して使う前に、必ず試供品から使ってみて、
肌に合うか?湿疹などが出ないか?過敏反応しないか?ということを良く良く確かめてから、
顔や体につけるものを選びましょう(^−^)


ζ浴後のケアについて

敏感肌の方は、入浴後のケアを欠かさないようにしましょう。
せっかく石鹸成分をきれいに洗い流しても、体を拭いただけでは乾燥してしまいます。
湿疹やあせもがあるときやアトピーの方は、入浴後のケアは必須です。
皮膚科に掛かっている方は、必ず先生に「薬の使い方」や「入浴後のケア」について
聞いておきましょう(^−^)

そして、お薬の使い方を守ってケアします。
特にお薬を塗る必要の無い方は、お顔の化粧水以外に、
自分に合う体用の保湿液や乳液を見つけて入浴後に全身に塗っておくことをお勧め致します。


部屋着について

みなさんは、お風呂に入った後、何を着ていますか?いわゆる「部屋着」です。
え?パスローブ?なになに?冬は寒いからスウェット?え?裸?(笑)
なんていう冗談はさておき。。。

敏感肌の方は、保湿剤やお薬を塗った体に
「綿100%」のパジャマや部屋着を身に付けるようにしてください。
こんなとき、お安い「ユニクロ」のルームウエアはもってこい!だと思います!!
もちろん、私もユニクロ大好き!です(^−^)

いかがでしょうか・・・
みなさんは、多くの情報に惑わされていませんでしたか?
正しい入浴・正しいケアをできていたでしょうか?
悪質なアトピービジネスも多数横行しているのが、今の日本です。
どうぞ、情報や広告のうたい文句に惑わされずに、
正しいケアを根気良く続けてください。

治療の必要な方は、きちんと皮膚科医とお話ししてくださいね(^−^)

現在は敏感肌用の化粧品も大手のみでなく、
多くの新規メーカーが手掛けるようになり、
多数の商品が出回るようになりました。

そんな中で、自分に本当に合う化粧品に出会うことはとても大変なことですよね。。。
でも、それを見つけておくと、ケアがとても楽になります。
精神的にもとても安心できます。
私はアトピーであることで、大学生の頃に化粧品選びでとても苦労しました。。。
勧められた化粧品を試して顔を腫れ上がらせたことも、たくさんありました(T_T)
でも、今では顔にも体にも、信頼できる化粧水を塗ることができるようになっています拍手

お薬は手放せないし、入浴や毎日のケアにも時間が掛かるけれども、
それでも自分の努力が、自分に反映されることを、毎日実感しますびっくり
自分を構ってあげずに放置すると、お肌もご機嫌斜めになってしまいますから、
どうぞ敏感肌の方は特にご自身を労わって、大事にしてあげてくださいね(^−^)

皮膚の状態や疾患は、精神的要素も大変深く関わっていますから、
自分にストレスが溜まりすぎれば皮膚の状態は悪くなりますし、
心が安定しているときは肌の調子も良かったりする、ちゃっかり者です。

みなさんも、ストレスコントロールができなくなってしまったときは、
お肌のためにもカウンセリングを受けてみたり、体を動かしてみたりジョギング
ヤケ酒ビールを飲むより思い切り愚痴を言える相手とおしゃべりしたり!という工夫も、
是非してみてくださいね(^O^)/

精神科の最新事情

  • 2005.08.03 Wednesday
  • 02:23

ここ最近、首都圏の精神科や心療内科は、どこも予約でいっぱい。。。
ということが増えているように感じます。
うつ病や不眠症など、メンタル系疾患の罹患率が上がってしまったのでしょうか・・・?

でも、クライアントさんが「予約を断られてしまった」と落胆し、
不安を増幅させたり、受診を諦めてしまうことに繋がっている・・・
ということが頻繁になっている、
というのが私がカウンセラーとして最近感じることです。

実際に色々なクリニックのサイトを見ても
「現在は初診を受け付けておりません」というところを発見できます。

私は、「そーだなぁ。。。首都圏には人口が密集してるから、需要も集中しちゃうのかなぁ。。。」
などと、カウンセラーの私にもどうにもできずに
「うーーーむ・・・しょんぼり」と考え込んでしまうことが、たまにあります・・・

かといって、大学病院は「かなりの待ち時間」がネックとなり、
忙しい現代人は敬遠しがち。
なかなか、需要と供給って、うまくいかないものなのかもしれません・・・

では、本当に初診予約を断られてしまった場合は、
どうすればいいのでしょうか。。。それは・・・

もし、「首都圏にお住まいの」「悩める人」で、
「メンタル系の病院に出向こうかとご検討されている方」が
これをご覧になっていたら、

どうぞお住まいの周辺地域で片っ端から電話を掛けてみるぞ!
という勢いで、諦めずに予約できるところを探してみることも、
大事だと思います・・・
必要に応じて、ご家族やお友達などにも
問い合わせの電話を手分けして掛けてもらう等、協力してもらうことも、
つらい気持ちのあなたにとって病院探しの負担を軽減できるかもしれません・・・

そしてもうひとつの大事な裏技は聞き耳を立てる・・・
それは、日頃から「内科のかかりつけ医」を決めておくことです。

そうすると、胃が痛い・どうもお腹を壊してしまうなどの
自覚しやすい症状ですぐに内科にかかれます。
診察を受けて、必要であれば内科でも胃薬などと一緒に軽い安定剤を処方して下さいます。
それでも処方されたお薬で良くならなかったり長引いた場合には、
メンタル系の専門医に一度診て頂いた方が良いと判断してくださることがあります。
この時、「紹介状を書いてくださいませんか?」と尋ねてみて、
お知り合いのドクターを紹介してくださったらラッキーです!

お医者さんの世界というものはとても不思議なもので、
混み合っている病院でも「紹介状を持っています」と言うと
「わかりました。予約はいつになさいますか?」となるのですびっくり

また、自分にとって、担当の先生が頼りにならないと感じたときは・・・
自分から「お知り合いの精神科(心療内科)を紹介してください!」
と思い切って言ってみることも、大切ですグッド

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM