久しぶりのメッセージ

  • 2020.09.18 Friday
  • 07:31

 

ご訪問頂いている全ての皆様へ

 

またまたご無沙汰をしてしまい申し訳ございません<(__)>

 

2020年、今年は新型コロナウイルスへの感染者が多数発生し、

とんでもない社会変化の中、皆様、いかがお過ごしでしょうか・・・

 

多くの方々が、緊急事態宣言が取り下げられた後も、慎重を期して、今も積極的に、

様々な事柄に対して自粛や予防に取り組んでおられる様子が伝わってきます。

 

テレワークに切り替わったまま、ほとんど出社されない生活をされている方、

テレワークに全く切り替わっていない会社にお勤めの方、

テレワークと交代勤務を繰り返し変更され、その都度対応されている方、

お子さんの休園校・登園校に合わせて必死に対応し続けるお母さん・お父さん、

怖くて繁華街に行けなくなってしまった方、

自宅で延々とお酒を飲んでしまう方、

気にせず飲食店でマスクを外してご飯を食べる方、

気にせず居酒屋・バー・ライブハウスに出向かれる方などなど。。。

 

会社側の改善がある・なしに加えて、皆さんそれぞれの生活に、

様々な性格・習慣・癖が出やすいなーと感じている次第でございます。。。

 

 

<銀座オフィスは通常営業しております>

 

私の方は、多くの皆様からコロナの件で金森へのご心配・お声掛けを頂いており、

本当に恐縮致しております、ありがとうございます<(__)>

 

今さらですが(笑)銀座事務所はずっと通常営業致しております!

 

職務上、不特定多数の方と1対1の濃厚接触でお会いしている割に、

ありがたいことに私、体の方は相変わらずピンピンしております(笑)

 

さらにありがたいことに、私のお借りしている銀座事務所の秘書さん達が

緊急事態宣言中も、今も、ずーっと通常通り開館してくださっているので、

そのお陰で、私も、ずーーっと通常通り営業させて頂いている次第でございます。

秘書さん達には、もう感謝の気持ちしかないです(涙)

 

当オフィスは、元から、

おひとりのクライエント様がお帰りになると、その都度、部屋の全清掃を行っております。

 

元から!!です。

 

今までも、今も、ずーーーーっと!!

おひとりお帰りになられると、秘書が私の部屋にやってきて、清掃してくれていたのです。

 

さらに現在では、換気を徹底して行っております。

 

でき得る限りの清潔を元から心掛けているキレイがモットーのようなオフィスですので、

その点はご安心頂ければ、と存じます。

 

さらに。

 

金森は、普段から、どこへも出掛けない生活パターンの人間です。

(自慢にもなりませんし、改善しろよ!的な話ですが)

最近も同じく、遠出もしておりませんし、

人混みや、うるさい所が嫌いなので、そのようなお店とも無縁です。

 

この点でも、ご安心頂ければ、と思っております。

 

 

緊急事態宣言が出された後、休業したカウンセリングルームを多々見かけました。

 

けれども、心理士は「医療従事者の端くれ」ですし、

カウンセリングは、どうしても精神医療に関わる分野でもございますので、

病院と同等に外出の「要」「不要」でいえば、「要」ですし、

 

「やはり自分は病院と同じように、万全の受け入れ態勢を維持すべきだろう」

 

オフィスを閉じる・休むのではなく、「常に対応する」

 

こんなときでも、いや、こんなときだからこそ、

「話をしたいクライエント様」がいらっしゃるのだから、

それを先延ばしにしないで、休まずにご依頼をお受けすることが、

私がすべき・あるべき姿であろう、と考え、日々銀座に出勤しておりました。

 

おつらい状態の方々を、陰で支え続けること。

 

いつもと同じように、お話を聴く!ということ。

 

「いつも通り、金森は、ここにいますよ」ということ自体を

これからも大事にして参りたいと思っております。

 

 

<コロナをどう見るか?>

 

人間は、この宇宙・この地球に生かされているちっぽけな存在でしかないので、

災害や、戦争や紛争、気候変動、様々な疾病と闘って生き抜いていくしかないワケで、

歴史や世界を広く見れば、あらがえない事態に、

命ある限り、随時対応していくしかないわけですよね・・・

 

正直、「温暖化」「異常気象」「100年・50年に一度」といわれていたような天候も、

日本で既に頻繁に体験するようになっています・・・

 

昨年千葉県で、台風の後に停電に見舞われ、水シャワーを浴び続けた方も多いですし、

先日の九州を通過した台風も非常に大きかったですし、

その前にあった西日本の雨・雨・雨!の被害も大きかった…

東京は7月ずっと雨でした。。。その後8月の酷暑!9月の涼やかさとの落差!

 

こういったことにも、1つずつ、毎日天気予報を見て、

対応していくしかないんですよね・・・

 

皆さんは、コロナが、怖いですか?

 

なにせワクチンも無い、明確な治療法もないから、

医師にとっても、コロナは怖いものとして認識されます。

 

けれども、日本では、インフルエンザの予防接種が受けられるにもかかわらず、

毎年インフルエンザで亡くなる方が3000人もおられます。

なぜか新型コロナでの死亡者数は9/17時点では半分以下の1500人以下となっており、

今年はインフルエンザに罹る方も例年と比べて少なくなりました。

 

これだけ外出を控えて、マスクして、手を洗いまくって、消毒して、人と話さなければ、

このような結果は、出せますよね、そりゃ。

 

「んじゃ、どこまでやるの?」「いつまでやるの?」ってことですよね。

 

3月4月頃、私は葛藤していました。

外出自粛せず、何食わぬ顔をして毎日ガラガラの銀座に出勤している自分こそが、

実は「ひんしゅく者」と化しているのではないか?と。。。

 

けれども、人それぞれ、自分の役割を、どう果たすか?・・・と自分で考えて、

私は銀座に出続けることが必要だろうと判断しました。

 

臨床現場にいると、

「絶対に!!コロナに罹りたくない!」とおっしゃるクライエント様が

ある程度おられます。

 

カウンセリングに行けなくなる。

自ら仕事を辞める・休む。

電車に乗れなくなる。

銀座や新宿に行けなくなる。

スーパーにも行けないからアマゾン生活。

就職活動できずニート生活が続く。

 

もう立派なノイローゼです。

 

では、インフルエンザを脅威に感じて上記のようになる方って、

近年見ますか?って、見ませんよね。

 

インフルエンザに罹った方が、予後に非難され、いじめられるか?って、

そんなこともありませんよね?

 

それはもう、オーソドックスなものだからだと思います。

 

新型コロナも、今後、オーソドックスになっていくでしょう。

 

「なぜ日本ではコロナでの死亡者数が低いのか?」は解明されていなくても、

「死亡者数はインフルエンザと比較して半分位なんだなという事実」を、しっかり見てください。

 

どうぞ、強く不安になり過ぎないよう、警戒しすぎて引きこもっていかないよう、

 

日々、自分の果たす役割に、集中して、行動していってくださいね(^−^)

 

 

 

<面談カウンセリングご来談について>

 

通常ですと、GW・お盆期間・年末年始は遠方からのご来談が増えますが、

今年は、このようなことは起こりませんでした(笑)

 

都内の感染者数は今も多いままであることから、

「東京そのもの」や、

「銀座という繁華街」を避けようとする方も当然いらっしゃいます。

 

ですが、ずっと避け続けていても、キリが無く、

極論、どこへも行けなくなってしまいますので、

どうぞ、コロナが怖すぎる方は、是非「怖いけど、少し頑張って、ご来談」ください。

 

とはいえ、ご来談を強制することもできないのですが、

 

現在は、ご来館からお帰りまで、

終始マスクを付けたままでの会話で大丈夫でございます<(__)>

 

普段から風邪をひきやすい方は、基本的に免疫力が低めと考えられますので、

インフルエンザや新型コロナも他人事ではありません。

ご自身の自然免疫を高めるための、根本的な生活改善をお勧め致します。

 

 

ご遠方にお住いの方につきましては、

「東京の感染者数がもっと落ち着くまでは、まだ行かない方が賢明」

というお考えが最も多いと思われますが、

 

私の方は「東京へ来ないでください!」ということは、ございませんので(笑)

 

「東京は安全ですよ」とも言って差し上げられないのですが、

ご来談希望の方は、お越し頂いても大丈夫でございます。

 

 

できれば、いずれは、

「東京都の感染者数が毎日50人以下」くらいにまで落ち着くと良いなぁ、、、

とは思うものの、

 

いや、そんな日はいつ来るんだろうか?(笑)


 

 

<毎日の食べ物と免疫力>

 

私はコンビニご飯が苦手で、お弁当自体も苦手で、作り置きも抵抗感があり、

今流行りの出前の金額の高さに閉口し、

外食も高い金額を払う割に「おお!これは美味しいじゃないか!」的なものは少なく、

結局家で自分で作ったご飯が一番安くて美味しい(自分好み)じゃないか!となると、

私の1日1回の唯一の食事は、おのずと毎日手作りとなり。。。

 

お店がやっていなかった時期は、意地でも!作るしかなかったので、

ムキになって作っていたのですが(笑)

お店が営業するようになってくると、「今日も作るのかー」と思うようになり、

正直、毎日毎日、ご飯を作り疲れてきまして(笑)

それでも結局作るものの、

私はなんて甘ったれなんだ、と思う今日この頃です(笑)

 

毎日毎日、朝・昼・晩+お弁当を作っている世の奥様・お母様方が、

いかにすごいことか、いかに立派か、頭が下がります<(__)>

本当に、本当に、お疲れ様でございます<(__)>

 

仕方がないので、普段からロクに風邪もひかない、

インフルエンザの予防接種すら受けたこともない、

そのくせインフルエンザに罹ったこともない金森のサイボーグっぷりだけは、

すごいね、ってことにしておこうかな(笑)

 

現代人は、豊食の世の中にいても、隠れ栄養失調の方が多く、

私は最近、臨床の中で、このことを大変危惧しております。

 

隠れ栄養失調は、ダイエットしている・していないにかかわらず、

多くの方に発生しています。

 

どうぞ、皆様、普段から、ご自身が口に入れているものと分量を、

食べ物・間食・飲み物・お酒・調味料含め、

今一度見直されてください。

 

食事内容は、体重増減・不調の要因や、免疫力にも、当然関わります!

 

ただ満腹になるお食事内容ではなく、

多数の食材を、まんべんなく召し上がるように心掛けてくださいね(^−^)/

 

 

 

 

お休みのお知らせ

  • 2014.04.10 Thursday
  • 03:02

金森は、GWもお盆も、平常営業しております。

ただ、
今年のGWは、諸事情がございまして、
大変恐縮ではございますが、約5年振りに、休暇を頂ければ、
と思っております。


日曜・祝日に加え
4/28・4/30・5/1・5/2の平日4日間のお休みを頂きたく、

連続して、
4/27(日)〜5/6(火)の10日間、
面談、電話相談共に、ご予約頂けなくなります。


ご予約についてのメール・お電話のご返信も、できないと思われます。
随時皆様に直接お伝えしておりますが、
合わせてこちらでもお知らせさせて頂きました。

大変なご不便をお掛けしてしまいますが、
何卒ご理解・ご了承頂ければ幸いでございます
おじぎ


実は、3月末をもって、開業医の姉が、病院クリニックを閉鎖致しました。
国の方針に従って、「在宅医療専門」のクリニックをやっており、
たった1人で100人の患者様を管理し、
おひとり、おひとりのお宅にお伺いして往診したり、
施設に赴いてご利用者様をまとめて往診したり、と
24時間、365日、ひとりで駆けずり回っておりました。

患者様のご自宅で患者様の最期を看取ることも、姉の務めでございました。

しかし、この4月から、これまた国の政策で、
在宅医療の、とある保険点数が大幅に減らされたのです
ガーンネコ

この結果、どうしても、経費が上回ってしまい、
経営が成り立たないという見積もりとなったため
_| ̄|○
クリニック閉鎖を決断せざるを得なかったのでございます。

国の方針に従って一所懸命にやってきた姉でしたが、
国の方針で、一転して経営が成り立たなくなってしまい
ぐすん
一体、何のための消費税増税なのか、さっぱりワケがわかりませんアンパンマン

365日体制で命を守ってきたこともあり、
これまで、子供達を大きな旅行に連れて行ってやることもできず、
私と母とで子育て代理をしたり、
私と両親とで2泊程度の小さな旅行に連れて行き、
父が釣りや虫取りを教え、
私が海やプールに入れてやることで精一杯だったわけですが、

クリニック閉鎖に伴い、姉に思わぬ休暇ができまして、
念願だった「子供を長期旅行に連れて行ってやりたい」が、
実現できる運びとなりました。

そこで、腰の重い両親も一緒に、という話になったのですが、
高齢のため、もう子供の体力にはついていくことができず、
せっかくの機会に、子供の遊びの足手間といになってもいけないので、
どうしたもんかなー・・・と悩んでおりました。

父は、75歳を優に超える高齢でございまして、
もう、一度行ったことがあるところには特に、行きたいとも思わないようで、
体力的にも困難な様子で、「行かない」とのこと。

ただ、母は、一度行ったことがあるところでも、
久しぶりだから行きたいと思っている様子だったのですが、
母だけ付いて行ったら子供達の行動範囲の足手間といになってしまうし、
でも決してひとりで旅行に出掛ける・ひとりで別行動とかできないタイプだし、
母は耳も聞こえないことから、
それならば、金森が、同伴してやるべきと思った次第です。

子供たちは思い切り遊び、
母は母の行きたいところに金森が常に同伴してのんびりとお散歩し、
現地で夕食だけ合流して一緒に食べよ〜、という計画となりました。

これでしたら、母にも負担が少なく、大丈夫そうです。

もう母とて、今後、長期間の旅行には、なかなか行けないと思われます。

金森の今回の休暇は、親孝行のために、取らせて頂きます。
母が楽しめるように、精一杯頑張って参りたいと思います。

皆様には、大変なご迷惑をお掛けしてしまいます。
本当に、申し訳ございません<(__)>

次のご予約日に、直接お知らせして参りますので、
皆様のご不安ができるだけ少なくてすむ形で
次のご予約をお取りしたいと思っております。

どうぞよろしくお願い申し上げますおじぎ


 

有楽町駅をご利用の方へ

  • 2014.01.20 Monday
  • 11:31
 
ニュースでも流れましたが、
1月3日に起きました有楽町駅前パチンコ店での火災の影響で、
現在も火災現場周辺を通りますと、
かなり強い異臭が致します。

正直、具合が悪くなりそうな程の燃焼臭です。

1月4日(土)より金森は営業しておりますが、
この日から比較すれば、異臭は弱くはなっているものの、
今もまだまだ気になるレベルで臭いがございます。

面談カウンセリングを受けておられる方で、
JR有楽町駅をご利用の方には
長きに渡り大変なご迷惑をお掛けしており、申し訳ございません。

建物にはシートがかけられ、ガードマンも立っておりますが、
見物人がいきなり現場周辺で足を止めることも多いため、
どうか、そのような方々とぶつかったりしないよう、
お足元に十分お気を付け頂きつつ、
燃焼臭を長く吸い込まないよう、少し足早に建物前を通り過ぎて頂ければと
思っております。

どうぞお気を付けてお越し頂き、
お帰りの際も十分お気を付けくださいますよう、
お願い申し上げます

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

心理士:金森真奈美

金森真奈美

カウンセリングルームは銀座にあります

羽のロゴ

心理臨床家の在り方

竹内成彦先生著

↑どちらもオススメ↓

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM